藍×白

 

かわうそ兄弟商會はおもに藍の型染による布雑貨を製作、販売しています。

江戸時代に完成した技術に倣い、渋紙に型を彫り、糊で防染し、藍甕に浸して染めています。

糊で防染した部分に白く文様があらわれ、藍×白の世界が生まれます。

 

藍いろをindigo blueと言うように、天然の藍染めにもっとも広く用いられているのは「インド藍」という植物ですが、

日本では古代からインド藍とはちがう植物、「タデアイ」という草花から藍の色をもらってきました。

古代から中世と、徐々に藍染めの技術は発展し、江戸時代には需要の最盛期を迎え、野良着、浴衣、手ぬぐい、のれん・・・生活のあらゆる場面を藍が彩りました。明治期に日本を訪れた西洋人は、日本にあふれる藍色をJapanBlueと呼んだそうです。

かわうそ兄弟商會の藍いろは、「タデアイ」からもらった藍色です。

江戸時代から続く野口染物店の六代目、野口汎氏、七代目和彦氏のご協力を得て制作しています。

 

 

 

※ 末永くご愛用いただくため、ご注意いただきたいことがあります。こちらをご覧ください。
※ 掲載している価格、仕様などは予告なく変更することがあります。


for shopping Kawauso original


藍Pad

藍染め布でiPadを包む。名づけて「藍Pad」。

現在藍Padは制作しておりません。
 

  • 制作例はこちらから。ご希望によりシュレーディンガーの方程式をデザイン。 yPadや筆記具もいっしょにしまえる封筒型をお作りしました。
  • 参考商品(三面開きタイプ) ↓ オイラーの公式

  

 

トップへ戻る


藍くるみん

藍染めの木綿布と、色柄の木綿布をセットにしたキットです。

iPhoneやiPod用のスリーブケース、名刺入れ、ペンケースを作ることができるサイズ。

 

<キット内容>

  藍布(約25x20cm), 木綿布(約25x20cm), 牛革紐(45cm), 作り方の説明書

  2,000円 税込  品切

 

        

  

 

トップへ戻る


手ぬぐい

 

      

 

型染めで文様を染め抜きました。モチーフは数式や記号、宮澤賢治の詩。

サイズ 幅約34センチ×長さ90~95センチ 各2,500円 (税抜  → お問い合わせ

<理工系シリーズ>

       ▼数丸       素数ダイヤ 

▼素数ハート ▼記号アソート ▼方程式ちらし ▼記号天の川

▼円周率わらび ▼記号銀河

 

<宮澤賢治シリーズ>

  ▼雨ニモマケズ 

       ▼「わたくしといふ現象は」

 

  

 型を用いない筒描きという技法。写真は素数の筒描き。

トップへ戻る


ちびてぬぐい

33センチ角の正方形サイズの手ぬぐいです。

▼「記号アソート」 数式や回路図記号の整列コレクション

▼「方程式ちらし」 アインシュタイン、オイラー、ファインマンetc・・・全回答者は相当の理工系通!

▼「オイラーの公式」 ファインマンの賛辞「人類の至宝だ」とともに。

▼「素数ハート」 素数とかけて♡と解く。そのココロは?割り切れない!

  

 各1,200円 (税別)  → お問い合わせ

糊置き完了! 糊がしっかり乾いたら藍甕に浸して染めます。(記号アソート)

トップへ戻る


トップへ戻る


 

 


<藍染布の取り扱いについて>

  • 最初のうちは色落ちがあります。洗濯は単独での手洗いをおすすめします。

  • 漂白成分の入った洗剤を使うと色あせします。

  • 水濡れ、摩擦によって色移りすることがありますのでご注意ください。

  • 陽射しの強い窓辺などに長時間放置すると、急激な色の変化を招く場合があります。

  • バッグ類は型崩れを起こす可能性があるので、洗濯をせず、汚れはかたく絞った布などで拭き取ってください。

トップへ戻る